最強の加湿器はコスパ&手入れ不要。超面倒くさがりが選んでみた

スポンサーリンク
mineo(マイネオ)
スポンサーリンク
mineo(マイネオ)

結局のところ加湿器って何を買えばいいのか、自分なりの結論を紹介します。

Amazonで売ってる「ottostyle.jp 超音波加湿器 uruoi+(うるおいプラス) 」ってヤツです。

なぜこれに落ち着いたのか理由を説明します。

大容量&シンプルで安い

まずタンクが4Lなので14畳のリビングで使用可能。

あまり小さいと水を入れ替える手間がかかるので大容量なのは必須。

使い方は超簡単。

つまみが1つ付いてるだけです。

一番上がオフ。

ミスト量を増やしたければつまみを回せばいい。

レンジが広いので好みの噴霧量を目で見ながら調整できます。

細かい機能がないので中の回路もおそらくシンプルなのでしょう、価格は3280円とリーズナブル。

超音波式なので省エネ

加湿器は

・スチーム式(お湯を沸かして蒸気にするため加湿力はあるがエネルギーが必要)

・気化式(濡れたスポンジに空気を送り込んで蒸発させるので省エネだが時間がかかる)

・ハイブリッド式(気化式とスチーム式を切り替える。結局エネルギーが必要)

・超音波式(水を超音波振動させて微粒子にし、ミストを噴射する。シンプルで省エネ)

と4種類があります。

個人的に原理がシンプルで省エネなのが好きなので超音波を選びました。

というかAmazonで売ってる安い加湿器は大体超音波式ですね。

部品が安くつくからでしょう。

スチーム式だと加熱する機構が必要になるのでどうしてもコストアップになります。

手入れはした方がいいけど、面倒なのでしない

加湿器は小まめに手入れをした方がいいのは確かです。

雑菌やカビが繁殖したら、それを空気中にばらまくことになりますからね。

最初『うるおいプラス』を2~3年、冬に使おうとしていたら、どうしてもピンクの水アカのようなのが見えてきて、気持ち悪いので捨てました。

3年は使い過ぎです。

小まめに手入れといっても、毎回洗うのも面倒くさい。

最終的に私はタンクの水がなくなったら洗い流して一晩乾かす、程度にしています。

これで1シーズンの間ぐらいであればピンクの水アカは出てきません。

2年目からはどうするか?

使いません。1年で捨てます。

安いからね。

15,000円~20,000円程度の加湿機ならしっかりメンテをして5年ぐらいでしょう。

結局1年辺り3000~4000円です。

だったら3000円程度のメンテ不要で使えるヤツを毎年買えばいい。

これが面倒くさがりな私の使い方です。

結論:安物を手入れせずに使って1年で捨てる

新品に替えてしまうのが衛生的に一番安全なんですよね。